このブログでは、PCショップに勤めるmoheijiが仕事中に得た、有益な情報,面白い話などを公開して行きたいと思います。
なお、当サイトはリンクフリーです。また相互リンクも大歓迎です。
SPONSORED LINKS
Profile
Search this site.
Search other site
Google
楽天で探す
楽天市場
アクセスカウンター
UL5キャッシング
広告
MOBILE
qrcode
Others
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
メディアの選び方
FDを使うことが少なくなり、その一方で書き込み可能なCD/DVDドライブが普及したことでデータを持ち運ぶ媒体として、CD-RやDVD-Rなどを使うことが多くなりました。
よく、「どんなメディアを使えば安心か」ということを尋ねられます。実際、ちゃんと書き込んだはずのデータがいつの間にか消えたというケースが少なからずあるようです。
データが飛ばないメディアの選び方としては、メーカー製で、価格の高いものが良いと言われています。
同じメディアなら安い方が良いと、つい考えてしまいますがこれらは色素を薄くすることで低価格を実現しているという側面があります。そのため、データの耐久性が低くなったりドライブによって読めたり読めなかったりするのです。
また、ビニール梱包されたメディアの場合、パッケージが恐ろしく脆い場合があり、持ち運びに注意が必要です。手で握っただけで、するりとビニールが破ける場合があります。
では、高いメディアなら良いかと言うと、まあ…良いのでしょうが、ドライブとの相性もあり、絶対とは言えないのが現状です。
なお、私はパソコンショップ店員にあるまじきことに、ダ○ソーのCD-Rを愛用しております。



太陽誘電や、三菱製が高く評価されています。また海外メディアにもこれらと同じ設備で造られたものがあるので、「海外製=劣悪」とも言い切れない場合があります。

平成電電のADSLサービス「電光石火」
| メディア | 19:41 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ