このブログでは、PCショップに勤めるmoheijiが仕事中に得た、有益な情報,面白い話などを公開して行きたいと思います。
なお、当サイトはリンクフリーです。また相互リンクも大歓迎です。
SPONSORED LINKS
Profile
Search this site.
Search other site
Google
楽天で探す
楽天市場
アクセスカウンター
UL5キャッシング
広告
MOBILE
qrcode
Others
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
ハイエンドスリムケース!?
JUGEMテーマ:コンピュータ
私はスリムタイプのパソコンは、どうしても置き場所が無い場合向けだと勝手に思い込んでいました。
その理由は3つほどありまして・・・

1:ケース内部が狭く、メンテナンスや改造作業が大変。
2:そもそも3.5インチベイも5インチベイも少なく、増設ボードもロープロファイル対応でなければ使えないので改造もあまりできない(ミドルエンド以上のグラフィックボードはケースに収まらない)
3:電源がそのケース独自のものを使用しているので壊れたり大容量のものが必要になっても交換できない。(どうしてもやるならケースごと交換)

しかし、3については下記のケースを使えば解決できそうです。このケースは電源は別売りで、当然電源はATX電源を自分で選んで入れることができます。(恐るべきことにATX電源が入るのです)

このケースを使えば古いPentiumDなどの消費電力の大きいCPUもスリムケースで再利用できそうです・・・。そんなに需要なさそうですけど。

<a href="http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=10FZ84+1DF0RE+NTS+BWGDT&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fwww.dospara.co.jp%2F5goods_parts%2Fparts_detail.php%3Fh%3Dd%26f%3Dd%26m%3Dparts%26ic%3D93289%26lf%3D0" target="_blank">
<img border="0" alt="" src="http://www.dospara.co.jp/5goods_parts/img/parts/93289.jpg"></a>
<img border="0" width="1" height="1" src="http://www10.a8.net/0.gif?a8mat=10FZ84+1DF0RE+NTS+BWGDT" alt="">
| ケース | 23:27 | comments(0) | trackbacks(133) | このページのトップへ
強引に小さくした結果がこれだよ!
JUGEMテーマ:コンピュータ





Antec P180B V1.1
このケースは、大型で場所を取る事、電源のケーブルの取り回しが特殊な事以外は良いケースです。
筐体も丈夫ですし、大型のファンを装備して冷却性に優れ、前面FANを装備すればHDDの増設も安心です。ドライブやメディアリーダー、HDDの交換も簡単にできます。やはり高価なケースにはそれ相応の価値があるのだな…と思うのですが、このケースのマイクロATX版、Mini P180も良い物かというと、話は別です。



Antec MiniP180
このケースの上面には大型のファンがついているのですが、奥行きのあるDVDドライブを入れようとするとつかえていまいます。おそらくは、P180にも同じファンがあるのでしょうが、ケースをダウンサイジングしたために、こんな事になってしまったのでしょう。
5インチベイは下の方にもついていますが、上についているドライブに慣れていると、違和感があります。
小型のケースが扱いにくいのはある意味では当たり前ですし、静音性や拡張性はやはり優れているのですが、マザーボードを入れる時にも苦労しましたし、グラフィックボードがHDDベイを圧迫する事もあります。電源もケーブルが長めの物が必要になりますので、素直にお勧めできるものではありません。
| ケース | 21:22 | comments(33) | trackbacks(37) | このページのトップへ
ケースの選び方
パソコンのケースは、まずマザーボードに合わせて選びます。ATXのケースには、ATX,MicroATX両方のマザーボードを取り付けることができますが、当然のことながらMicroATXのケースにはMicroATXのマザーボードしか入れることは出来ません。

ケースには電源が付いているものも多いのですが、それらの電源は製品のものよりもやや品質が落ちると言われています。(本当?)
電源無しのケースと製品の電源を買うより、電源付きのケースを買う方が安上がりなのですが…。

電源がついていないケースの場合、ケースによっては電源を取り付ける位置が特殊だったりして、ケースと電源の組み合わせによっては取り付けられない事もあります。事前に調べたり、部品相性保証を利用しましょう。

最後に、ケースとカードリーダーやCD-Driveのベゼルの色が合っていないと、見た目が格好悪いことがあります。ドライブの中には、ケースの色に合わせて複数のベゼルを製品に同封しているものもあるので、案外気にされている方も多いようです。






| ケース | 19:39 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ