このブログでは、PCショップに勤めるmoheijiが仕事中に得た、有益な情報,面白い話などを公開して行きたいと思います。
なお、当サイトはリンクフリーです。また相互リンクも大歓迎です。
SPONSORED LINKS
Profile
Search this site.
Search other site
Google
楽天で探す
楽天市場
アクセスカウンター
UL5キャッシング
広告
MOBILE
qrcode
Others
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
メモリの選び方
初心者がパソコンのハードウェアいじりに挑戦する時、多くの人がメモリの増設から入ると思います。
私もそうでしたが、いきなり電器屋を訪ねて「メモリを下さい」と言ってみても店員を困らせるだけです。「ソニーのバイオ」とか「東芝のダイナブック」といった種類だけでもメモリを選ぶことは出来ません。まずはメモリを増設するパソコンの型番を確認します。
パソコン本体の意外と目立つ場所に書いてあるので、メモをとりましょう。例えば、私のパソコンは、シャープのPC-SV1-5CDですので、これを例に解説します。

次にそのパソコンに使えるメモリの型を調べます。I/Oデータやエレコム、バッファローのようなメモリを扱っているメーカーのホームページには、パソコンとメモリ対応を調べるサービスがあるのでそれを利用します。



↑メーカー対応確認ページリンクがあります

ここで表示された製品は、もちろんメーカーのリテールメモリですが、そのメモリの型が「DDR SDRAM PC2100」と「DDR333 SDRAM PC2700」であることが分かれば、他のメーカーやバルクメモリでも買うことが出来ます。
また、注意したいのが、メモリ増設の上限と枚数です。PC-SV1-5CDの場合、対応製品検索のページで
搭載メモリー 標準 256MB (最大 1280 MB)」
メモリースロット 全スロット数 1 / 空きスロット数 1 / 増設単位 1
と書かれています。これは、このパソコンには標準の状態で256MBのメモリが搭載されており、増設できるメモリは一枚、最大1GBまでメモリを増設できるということです。(1Gは1024MB)
なお、ショップブランドパソコンの場合、その発売元のホームページで調べることができます。
これで、私のパソコンに増設できるのは、ノート用のPC2100とPC2700であることがわかりました。PCパーツショップでPC2100か、PC2700を買ってくればとりあえずメモリはパソコンのメモリスロットにささります。
「とりあえず」と書いたのはメモリは相性問題が発生しやすいからです。メモリが不良品でなくてもマザーボードとの相性が悪いと、メモリが認識されなかったり起動できなくなったりします。
相性保証は数百円程なのでつけてもらいましょう。


| メモリ | 00:52 | comments(0) | trackbacks(2) | このページのトップへ