このブログでは、PCショップに勤めるmoheijiが仕事中に得た、有益な情報,面白い話などを公開して行きたいと思います。
なお、当サイトはリンクフリーです。また相互リンクも大歓迎です。
SPONSORED LINKS
Profile
Search this site.
Search other site
Google
楽天で探す
楽天市場
アクセスカウンター
UL5キャッシング
広告
MOBILE
qrcode
Others
<< HDD交換が出来ない!? | main | うっかりミス >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
RAID0パソコンからのデータ回収
RAID0とは…「複数のハードディスクに均等にデータを振り分け、同時並行で記録することで、データの読み書きを高速化したもの。ディスクが1台でも破損するとデータ全体が損なわれ、1台のディスクに記録するのと比べて信頼性はむしろ低下するため、ストライピングはRAIDではないとする立場もある。」(IT用語辞典より)

一つのHDDを複数にパーテーション分けする作業の逆…でしょうか?複数のHDDをまとめて仮想的に大容量HDDを作るだけでなくHDDの書き込み、読み込みを高速化することもできます。
WesternDigitalの一万回転のHDD、「Rapter」でRAID0を組むと超高速のパソコンを作れます。




ただ、このRAID0はデータの安全性を確保する他のRAIDと違い、構成しているHDDが壊れるとデータが全て消えます。危険性は倍になるわけです。

問題はHDDのクラッシュだけではありません。
マザーボードなどが壊れ、データを回収してWindowsを再インストールしようとして、あることに気がつきました。2つのHDDをRAIDを組んだままパソコンから外し、他のパソコンに外付けするなんてことができるのでしょうか?
| HDD | 01:27 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 01:27 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック